メニュー
中国・オルドス訪問
毎年2~3回、中国を訪問し、現地交流や植林活動を行っています。その滞在レポートを写真を中心につづっています。

体験記『オルドスの風I』
代表・坂本が青年海外協力隊としてオルドスに滞在した3年間を赤裸々に綴った体験記。バンベンの緑化事業をはじめるにあたっての原体験です。(全40回)

ノリブの日本留学記
代表・坂本の日本語教師時代の教え子・ノリブスレンが2004年9月に日本にやってきました。日本でどんな経験を積んだのか、日記風に語ってもらいました。

◆オルドス的な人々
オルドスの素敵な人々を紹介します。

イチゴ日記
2007年夏、突然イチゴ作りを思いつきました。近所の農家の方々の支援を受けながら行った農作業の記録です。2008年からは人手不足のため栽培を中断しています。

◆出前講座・教室
代表・坂本が小学校や大学、幼稚園などを訪れて、国際交流や国際理解、植林活動について、出前講座を開催しています。

◆出張販売・イベント
バンベンの商品をイベント会場などで出張販売しています。

◆国内出張
国内での営業活動や旅行についてまとめています。

◆その他
懇親会や交流会、受賞や取材など、代表・坂本の活動についてまとめています。

新しい投稿
カテゴリー
過去の投稿
その他

2004,12,16, Thursday
私は日本に来て初めてのアルバイトが料理店でウェーターになった。この店は高松市で一番人気で、毎日お客様が多く、忙しかった。最初私は何もできないので洗い場で皿、ガラスなどを洗った。家でもよくご飯を作るので簡単だと思ったがよく間違った。洗い場から日本の食堂の安全を初めてわかった。次に優しい店長は私に接客の方法を教えてくれた。日本のお客さんは本当の神様だ。

  
バイト先で


| ノリブの日本留学記 |



2005,01,14, Friday
去年の9月に私は内モンゴルのオルドスモンゴル族高校の先生の仕事をやめて、香川大学の研究生として入学しました。野崎先生と国内から電話で話したことあるのに、去年の9月の20日に初対面でした。その時先生は私に絵を付いた小学校の体育の本を貸してくださいまして、「頑張ってください!」とおっしゃいました。その本は日本の体育を全然わからない私にとってとても役立ちしました。その後も先生はいろいろな本を貸してくださいました。先生はいつも「頑張ってください!何か困ったことがあったら言ってください」と励ましてくださいます。その時私の心の中にとても暖かく感じられます。私の先生は一番親切だと思います。学校で何かあっても電話してくださいます。私の夢は野崎先生の下で院生になって勉強したいと思います。また先生と一緒モンゴル草原に行きたいです。 野崎先生の幸福、健康をお祈りいたします!


野崎先生と

| ノリブの日本留学記 |



2005,02,10, Thursday
私は日本に来てもうすぐ5ヶ月になる。この間の聞いたこと、見たもの、学んだものが心 に深く残っている。 私は料理店にバイトをしている時ある日本人私から「モンゴルでチンギス鍋を食べます か?」「えっ…?チンギス?」「何で作るの?」「ニク 、ハクサイなどで」「どうしてモ ンゴル人の心の神様、日本で鍋の名になったの?」と不思議に思ってあるねんぱいの日本 人から聞くと「以前はヒツジとものがいない。たぶんチンギスハンは北海道まで持って来 たかも。」と答えた。アメリカのある新聞で「今まで千年以内にチンギスハンから右に出 る人いない」と報道されたことがある。今日本でモンゴルと言うと「朝青龍?…」


現在のジンギスカン?

| ノリブの日本留学記 |