メニュー
中国・オルドス訪問
毎年2~3回、中国を訪問し、現地交流や植林活動を行っています。その滞在レポートを写真を中心につづっています。

体験記『オルドスの風I』
代表・坂本が青年海外協力隊としてオルドスに滞在した3年間を赤裸々に綴った体験記。バンベンの緑化事業をはじめるにあたっての原体験です。(全40回)

ノリブの日本留学記
代表・坂本の日本語教師時代の教え子・ノリブスレンが2004年9月に日本にやってきました。日本でどんな経験を積んだのか、日記風に語ってもらいました。

◆オルドス的な人々
オルドスの素敵な人々を紹介します。

イチゴ日記
2007年夏、突然イチゴ作りを思いつきました。近所の農家の方々の支援を受けながら行った農作業の記録です。2008年からは人手不足のため栽培を中断しています。

◆出前講座・教室
代表・坂本が小学校や大学、幼稚園などを訪れて、国際交流や国際理解、植林活動について、出前講座を開催しています。

◆出張販売・イベント
バンベンの商品をイベント会場などで出張販売しています。

◆国内出張
国内での営業活動や旅行についてまとめています。

◆その他
懇親会や交流会、受賞や取材など、代表・坂本の活動についてまとめています。

新しい投稿
カテゴリー
過去の投稿
その他

2006,01,01, Sunday
このコーナーではオルドスに暮らす人々について紹介していきます。まずは「教え子たちの今」をお伝えします。トップバッターはノリブスレン君です。
 彼は高校の時から体育の成績が抜群で、内蒙古師範大学体育教育学科に進学。大学卒業後は母校であるオルドス蒙古族中学で体育教師をしています。ノリブスレン、漢字で書くと「諾日布斯仁」。名前の意味は「長寿」。身長186センチもあり、まさに100歳まで生きそうな健康優良児です。


高校時代のノリブ君(一番左) 


奥さんとはとっても仲良し!

ノリブ君にいろいろ質問しました。

1,高校の時、日本語は好きでしたか、きらいでしたか?どうしてですか?

  「大好きでした、日本語の発音からモンゴル語とよく似ていますから。」

2,高校の時、日本語の授業でおもしろかったことはどんなことですか?

   「高校一年の元旦で先生とご一緒に歌ったり、踊ったりことです。」

3,日本語の授業でつまらなかったことはどんなことですか?

   「先生と日本語で話せない時。」

4,坂本との交流で一番思い出に残っていることは何ですか?具体的に書いて下さい。

  「高校の時、先生は私たちにいつも熱心に日本語を教えてくださいます。土曜日の夜も先生は休まないで自分の小さな庭でテレビを置いて私たちに日本語の映画を見せます。今年の春北京で先生と会った時先生のアルバムの中に生徒たちの写真を全部きちんと置いています。先生はいつも生徒たちのことを思っていす。モンゴル人の名前が長くて、難しいですが。先生は皆の名前を全部覚えています。私たちと一緒にお酒を飲む時よくモンゴル語で歌います。」

5,日本についてどう思いますか?

 「日本人は自然と調和して、自然に恵まれたきれいなお国だと思います。」

6,今、どのような仕事をしていますか?

 「今、先生の日本語を教えていた学校の体育の先生です。」

7,どんな家庭を築いていますか?

 「今もう結婚しています。妻は歯医者です。」

8,最後に一言

 「高校の時から今まで日本についていろいろ教えて下さって本当にありがとうごさいました。」


ノリブ君は高校を卒業してからもずっと日本語の勉強を続けています。今回のアンケートも全て日本語で答えてくれました(原文のまま)。そして彼の目標は「日本に留学して体育教育を学んで、オルドスにもっと個性を伸ばすような体育教育を導入すること」だそうです。今後の健闘を祈ります。


ボクともとっても仲良し

| オルドス的な人々 |