メニュー
中国・オルドス訪問
毎年2~3回、中国を訪問し、現地交流や植林活動を行っています。その滞在レポートを写真を中心につづっています。

体験記『オルドスの風I』
代表・坂本が青年海外協力隊としてオルドスに滞在した3年間を赤裸々に綴った体験記。バンベンの緑化事業をはじめるにあたっての原体験です。(全40回)

ノリブの日本留学記
代表・坂本の日本語教師時代の教え子・ノリブスレンが2004年9月に日本にやってきました。日本でどんな経験を積んだのか、日記風に語ってもらいました。

◆オルドス的な人々
オルドスの素敵な人々を紹介します。

イチゴ日記
2007年夏、突然イチゴ作りを思いつきました。近所の農家の方々の支援を受けながら行った農作業の記録です。2008年からは人手不足のため栽培を中断しています。

◆出前講座・教室
代表・坂本が小学校や大学、幼稚園などを訪れて、国際交流や国際理解、植林活動について、出前講座を開催しています。

◆出張販売・イベント
バンベンの商品をイベント会場などで出張販売しています。

◆国内出張
国内での営業活動や旅行についてまとめています。

◆その他
懇親会や交流会、受賞や取材など、代表・坂本の活動についてまとめています。

新しい投稿
カテゴリー
過去の投稿
その他

2006,01,02, Monday
このコーナーではオルドスに暮らす人々について紹介していきます。今回も前回に引き続き「教え子たちの今」をお伝えします。しかも2人に登場してもらいます。


 一人目はモンカダライ(男)、漢字で「孟克達来」と書きます。名前の意味は「永遠の海」。高校卒業後、内蒙古師範大学の生物教育学科に進学。前回のノリブスレンと同様彼も大学卒業後オルドスモンゴル族中学に赴任し、今生物の教師をやっています。高校時代日本語のビデオを見るのが楽しみだったとか。研究熱心な彼からは最近「先生、日本の生物教育の内容を知りたいので、今度、オルドスに来る時、日本の生物の教科書を持ってきてください」という旨のメールを受け取りました。早速、小中の理科の教科書と高校の生物の教科書を買いに行きました。7月中旬にオルドスに行くので、その時渡そうと思います。


僕(中央)の後ろでVサインをしているのがモンカダライ。
(元旦の懇親会での一コマ) 


今は教師としての風格が漂っています。(左が彼)
僕(右)は相変わらずです。


二人目はサラントヤ(女)、漢字で「薩仁図女亜(ヤは女偏に亜)」と書きます。名前の意味は「月の花」。彼女も内蒙古師範大学で美術を専攻し、卒業後はまたオルドスモンゴル族中学に戻ってきました。今、美術の教師をやっています。彼女は版画が得意なので、9月から予定している「オルドス緑化商品販売」の事業にもその才能を活かした形で一役買ってもらおうと思っています。乞うご期待!


高校時代は笑顔がかわいい、控えめな女の子だった?


今はこんな感じ。お酒を勧めるのが上手で、彼女と飲むと必ずつぶされます。


なぜ、二人いっしょに登場させたかというと・・・。実は彼らは夫婦なんです。
もしかしたら高校時代から付き合っていた?
うらやましい限りです。



| オルドス的な人々 |