メニュー
中国・オルドス訪問
毎年2~3回、中国を訪問し、現地交流や植林活動を行っています。その滞在レポートを写真を中心につづっています。

体験記『オルドスの風I』
代表・坂本が青年海外協力隊としてオルドスに滞在した3年間を赤裸々に綴った体験記。バンベンの緑化事業をはじめるにあたっての原体験です。(全40回)

ノリブの日本留学記
代表・坂本の日本語教師時代の教え子・ノリブスレンが2004年9月に日本にやってきました。日本でどんな経験を積んだのか、日記風に語ってもらいました。

◆オルドス的な人々
オルドスの素敵な人々を紹介します。

イチゴ日記
2007年夏、突然イチゴ作りを思いつきました。近所の農家の方々の支援を受けながら行った農作業の記録です。2008年からは人手不足のため栽培を中断しています。

◆出前講座・教室
代表・坂本が小学校や大学、幼稚園などを訪れて、国際交流や国際理解、植林活動について、出前講座を開催しています。

◆出張販売・イベント
バンベンの商品をイベント会場などで出張販売しています。

◆国内出張
国内での営業活動や旅行についてまとめています。

◆その他
懇親会や交流会、受賞や取材など、代表・坂本の活動についてまとめています。

新しい投稿
カテゴリー
過去の投稿
その他

2006,01,03, Tuesday
このコーナーではオルドスに暮らす人々について紹介していきます。今回も「教え子たちの今」をお届けします。

 今回登場するのは「スヤラト」。漢字で書くと「蘇亜拉図」、名前の意味は「文化人」です。名前とは裏腹に彼は武闘派。高校の時はオルドスのモンゴル相撲大会で優勝するなど、数々の輝かしい成績を収めています。高校卒業後はシリンゴル財政学校に入学し、その後政府機関に就職。現在はチャガンノールの副鎮長になっています。日本語はほとんど忘れていますが、「北国の春」は今でも日本語で歌えます。
 モンゴル相撲で鍛えた根性とバイタリティーで若くして幹部になったスヤラト。住民からの信頼も厚く、とても頼れる男です。僕がチャガンノールを事業の拠点にしようと思ったのも、彼がいたからこそ。彼との付き合いは今後長くなりそうです。


モンゴル相撲でスヤラトが相手を投げた瞬間


彼が一番印象に残っていると言っていた「元旦」出来事
左側がスヤラト。


そんな彼にいろいろ質問しました。(回答は中国語、坂本邦訳)

1,高校の時、日本語は好きでしたか、きらいでしたか?どうしてですか?

  「好きでした。初めての外国語でした。」

2,高校の時、日本語の授業でおもしろかったことはどんなことですか?

   「日本の歌を学んで歌ったこと。」

3,日本語の授業でつまらなかったことはどんなことですか?

   「試験。それと日本語で音読させられた時。」

4,坂本との交流で一番思い出に残っていることは何ですか?具体的に書いて下さい。

  「元旦の時、先生といっしょに踊ったこと。それと先生が毎日昼休みにテニスをやっていた
   こと。」*実際は1人で「壁打ち」をやっていただけです。


5,日本についてどう思いますか?

 「日本はとても発達した国だと聞いています。是非一度行ってみたいです。」

6,今、どのような仕事をしていますか?

 「副鎮長。」

7,どんな家庭を築いていますか?

 「結婚して一人の子供がいます。4歳でもう幼稚園に行っています。」

8,最後に一言

 「これからも先生と交流を続けていきたいです。たくさんの日本の方々に我がチャガンノール鎮に来ていただきたいです。」 



彼は身長はさほど高くないがドラム缶のような体と太い腕でモンゴル相撲のチャンピオンになった。


普段はやさしい表情をしているが、宴会で、酒を勧めるときはこの迫力。もう飲み干すしかない。

| オルドス的な人々 |