メニュー
中国・オルドス訪問
毎年2~3回、中国を訪問し、現地交流や植林活動を行っています。その滞在レポートを写真を中心につづっています。

体験記『オルドスの風I』
代表・坂本が青年海外協力隊としてオルドスに滞在した3年間を赤裸々に綴った体験記。バンベンの緑化事業をはじめるにあたっての原体験です。(全40回)

ノリブの日本留学記
代表・坂本の日本語教師時代の教え子・ノリブスレンが2004年9月に日本にやってきました。日本でどんな経験を積んだのか、日記風に語ってもらいました。

◆オルドス的な人々
オルドスの素敵な人々を紹介します。

イチゴ日記
2007年夏、突然イチゴ作りを思いつきました。近所の農家の方々の支援を受けながら行った農作業の記録です。2008年からは人手不足のため栽培を中断しています。

◆出前講座・教室
代表・坂本が小学校や大学、幼稚園などを訪れて、国際交流や国際理解、植林活動について、出前講座を開催しています。

◆出張販売・イベント
バンベンの商品をイベント会場などで出張販売しています。

◆国内出張
国内での営業活動や旅行についてまとめています。

◆その他
懇親会や交流会、受賞や取材など、代表・坂本の活動についてまとめています。

新しい投稿
カテゴリー
過去の投稿
その他

2006,01,30, Monday
1月30日:大野城市大城小学校(6年生23名)へ出前講座に行ってきました。




ワンタン作りに講座にこの日はパートナーの張さんが大活躍。


| オルドス写真館::出前講座・教室 |



2006,01,29, Sunday
1月29日  晴れ

今日は旧暦で春節だ。香川国際交流基金にモンゴルの歌を歌ってくれると頼まれた。故郷の友チョグ君と話し合って、最初にモンゴルの歌「セレンゲ川」次に日本の歌「北国の春」と決めた。「セレンゲ川」と歌は小学校三年生の時に習った歌だ。モンゴル人と言えば誰でも歌える歌だ。2004の10に香川県に来てからモンゴル人と言うものに会わなかった。少ないだなあと感じられ、モンゴル語ともの、英語みたいに誰も話せない僕の財産みたいに感じられた。

高校一年の時坂本先生は教えてくれた「北国の春」、わからないからわかるまで歌って来た。最初に習った日本の歌だ。その時授業の中で一緒に歌うのが習慣になっていた。その時何を歌っているか、全然わからぬまま、曲だけだった。何年間あと歌詞をわかって、一人で歌えるようになった。歌の中で日本のイメージが浮かんで、一つの憧れになった。でも日本に来てから一つの歌も覚えなかった。歌詞の中に英語、片仮名語ばっかりになっちゃって難しかった。




| ノリブの日本留学記 |



2006,01,27, Friday
1月27日:第2回オルドス同窓会が東京の「チンギスハン」で行われました。


横断幕も作って気合が入っていました。


若手モンゴル力士の腕相撲。滅多に見られません。
右側は数少ない内モンゴルの力士。
名前は忘れましたが、頑張ってほしいです。


オルドスの歌姫に強制的に酒を飲ませれるシーン。
これだけは逆らえません。


オルドス基金会の成功を祈っています。


| オルドス写真館::国内出張 |