メニュー
中国・オルドス訪問
毎年2~3回、中国を訪問し、現地交流や植林活動を行っています。その滞在レポートを写真を中心につづっています。

体験記『オルドスの風I』
代表・坂本が青年海外協力隊としてオルドスに滞在した3年間を赤裸々に綴った体験記。バンベンの緑化事業をはじめるにあたっての原体験です。(全40回)

ノリブの日本留学記
代表・坂本の日本語教師時代の教え子・ノリブスレンが2004年9月に日本にやってきました。日本でどんな経験を積んだのか、日記風に語ってもらいました。

◆オルドス的な人々
オルドスの素敵な人々を紹介します。

イチゴ日記
2007年夏、突然イチゴ作りを思いつきました。近所の農家の方々の支援を受けながら行った農作業の記録です。2008年からは人手不足のため栽培を中断しています。

◆出前講座・教室
代表・坂本が小学校や大学、幼稚園などを訪れて、国際交流や国際理解、植林活動について、出前講座を開催しています。

◆出張販売・イベント
バンベンの商品をイベント会場などで出張販売しています。

◆国内出張
国内での営業活動や旅行についてまとめています。

◆その他
懇親会や交流会、受賞や取材など、代表・坂本の活動についてまとめています。

新しい投稿
カテゴリー
過去の投稿
その他

 
2006,04,23, Sunday
4月22日23日:津屋崎よっちゃん祭にヤンネ(九州青年の船)として出店しました。


1日目は終日雨。散々でした。


2日目は晴れ、たこ焼きもけっこう売れました。


写真展と中国雑貨。


モンゴル岩塩のつかみ取り。


津屋崎千軒。いい通りです。


景気付けにモンゴル服着て二胡の演奏。


気分はストリートミュージシャン。 


子供に無理やり?弾かせてみる。


チャイナドレス部隊の呼び込みも効果抜群。


子供が興味を持ってくれるのがうれしい。



| オルドス写真館::出張販売・イベント |



2006,04,05, Wednesday
  四月って日本で桜の花が南から北へ咲き始め、花見のシーズンだ。先日、母に電話をかけたとき、「毎日は風、大変よ!」と言っていた。なるほど、私は日本に来て、風の季節を忘れるぐらいになった。先日、突然、町並みに黄砂の匂いが二、三日続いた、「あ!故郷の砂が日本に訪れたかな、懐かしい、この匂い!」。以前、毎日嫌になっていた黄砂が懐かしく感じられた。でも「すごい!日本海の向こう側からここまで来るなんて、ぜったい問題になっているよ!」と思うようになった。「西部大開発の本音は何だろう」って再び疑問を持って考え始めた。

  先生のホームページの「オルドスの写真館」という欄を見て、感動した。ふるさとオルドスの「将来の緑」を見えたように感じられた。「先生はやっぱりすごいなあ!」

  三月、わたしは二回見舞いに行った珠ランの病も、ますますよくなっていると電話が届いた。坂本先生のおかげで、いろいろ経済的な援助が行い、なんとか取りあえずいけるようになった。

  町中に桜の花は咲き始めた。まもなく一面のピンク色なるはずだ。学校、公園などのところに花見の飲み会を用意する姿が現れた。四月って生命の始まりだ。僕も大学院二年になった。卒業する時間もそろそろやって来るね。僕は何をできた?「日本語ぺらぺら?」「いえ、まあまあ!「うまい体育授業できる?」「微妙!」もう一回自分にチャンスを与えて進学しよう!

  「おっさん!いけるかなあ!」

その日、僕はバイトの先で昼の休みの時間で携帯をチェックすると学校から電話があった。

「きっとあの奨学金の結果の件ですね!」と思いながら急いで電話をかけてみると「今回残念ですが~」と「残念!」という言葉を聴いてもうわかった、一番可能性があった「ロータリー米山奨学金」学校からの面接を受かって、最後まで行けたのと思った。博士課程に進学しようと立てた計画は一瞬間で泡になってしまった。これからまたバイトをしながら頑張るしかない!

  金曜日のゼミのとき先生に相談して見た。「難しいよ、僕も今まで博士をとってない」「僕の考えは駄目ですか?」「いえ、駄目じゃないけど、相当頑張らなきゃ!自然科学は博士を取りやすいけど、体育はなかなか難しいよ」「でも五月の中旬に広島大学の先生たちと研究会がありますので、その時また~」

 「なるほど!僕は毎日授業が終わったら、バイトばかりやって、本を全然読んでないわ!」

「もし時間があったら~」「でも生活は問題になる!」「奨学金もらわないと~」「でも今回、駄目になった」「後、奨学金を申請するチャンスは一回しか残ってないわ、無理じゃない?」

  矛盾の考えの中いろいろの学校のホームページを調べて見た。「私立は高い、本当に入学しても、学費のためにバイトばっかり、意味がない!」「そうか、国立に入らないと~」

  取りあえず、あの研究会を待つしかない!

  続く

| ノリブの日本留学記 |