メニュー
中国・オルドス訪問
毎年2~3回、中国を訪問し、現地交流や植林活動を行っています。その滞在レポートを写真を中心につづっています。

体験記『オルドスの風I』
代表・坂本が青年海外協力隊としてオルドスに滞在した3年間を赤裸々に綴った体験記。バンベンの緑化事業をはじめるにあたっての原体験です。(全40回)

ノリブの日本留学記
代表・坂本の日本語教師時代の教え子・ノリブスレンが2004年9月に日本にやってきました。日本でどんな経験を積んだのか、日記風に語ってもらいました。

◆オルドス的な人々
オルドスの素敵な人々を紹介します。

イチゴ日記
2007年夏、突然イチゴ作りを思いつきました。近所の農家の方々の支援を受けながら行った農作業の記録です。2008年からは人手不足のため栽培を中断しています。

◆出前講座・教室
代表・坂本が小学校や大学、幼稚園などを訪れて、国際交流や国際理解、植林活動について、出前講座を開催しています。

◆出張販売・イベント
バンベンの商品をイベント会場などで出張販売しています。

◆国内出張
国内での営業活動や旅行についてまとめています。

◆その他
懇親会や交流会、受賞や取材など、代表・坂本の活動についてまとめています。

新しい投稿
カテゴリー
過去の投稿
その他

 
2006,05,28, Sunday
5月28日(日):福津市津屋崎勝浦海岸で海岸清掃を行ないました。(九州青年の船福岡県会活動)


清掃を始める前に津屋崎いきいき夢の会の秦先生からウミガメの講義を受けました。


風が強い中、1時間ほどゴミと格闘。


ゴミを持って帰るのも一苦労。


1時間でこれだけ集まりました。


お昼はBBQ。肉が美味しかった。


全体写真。

| オルドス写真館::写真その他 |



2006,05,19, Friday
5月17日~19日:マリンメッセ福岡で行なわれた「06西日本食品産業創造展」に出展しました。


バンベンのブース。


展示会の様子


| オルドス写真館::出張販売・イベント |



2006,05,08, Monday
5月1日~8日:上海・銀川・北京と回りました。

◆1日目



上海浦東空港から出ているリニアモーターカー。一瞬だけ430kmを越えます。




こちらは地下鉄。液晶の動画の広告(右)が新鮮でした。


◆2日目

豫園周辺の人ごみ。結局正面のレストランにたどり着けなかった。


替わりに黄浦江の辺の静かなレストランへ。眺めが最高。


40人乗りの飛行機で銀川へ。3時間かかりました。


銀川の鐘楼。ネオンが怪しげ。


◆3日目

銀川の郊外の葡萄園。乾燥地農業を実践しています。
オルドスにも十分応用可能。 


王教授(左)が付っきりで農民を指導。いかに水を少なく、品質のいい葡萄を作るか。


作業しているのはほとんど女性農民。男性は町に出稼ぎに行っている。


銀川からオルドスに向かう途中、黄河を渡ります。
遠くの工場からは煙モクモク。


川辺で人民が網を投げています。


橋で記念撮影。左から2番目がS教授。
大気汚染とアルカリ土壌を一気に解決する方法を実践していらっしゃいます。


オトク旗の町。のんびりしています。


オトク旗からウランダワ砂漠に向かう途中。
草原が退化してアルカリ土壌がむき出しになっています。


砂漠の前の記念碑。ニューバージョンになっています。


去年植えたポプラ。


今年植えた潅木も根を下ろしています。 


ポプラが移動砂丘に埋まっています。でもしっかり生きている。
やがて砂丘がなだらかになりまた幹も顔を出すでしょう。


夜は集落の集会所で宴会。白酒の持て成し。


こちらも歌を歌いながら返礼。


村の少女たちがモンゴル衣装で登場。


男たちは四胡、笛、三線などのモンゴル楽器で宴を盛り上げます。
歌合戦、白酒飲ませ合戦が続きます。


メインディッシュ。羊の丸煮、尾頭付き。


いつの間にか日付が変わっていました。みんな満足。


◆4日目

朝は砂嵐。アスファルトの上を砂が踊っています。


草原も霞んでいます。この砂が日本に飛んでくる?


草原の真ん中に異相を放つ「アルザイ」遺跡。


まだまだ謎が多い。


チンギスハンがここに座って弓を射った?


黄河沿いの工場地帯。煙がすごい。


◆5日目

機内から見る黄河。両岸は灌漑農業。
相当水が使われています。


中国理系の雄、清華大学。


S教授と清華大学徐教授のツーショット。
中国の環境問題は2人の肩にかかっている。


大学内での打合せの様子。

◆7日目



最終日は上海の夜景を見ながら、今後のオルドス事業を考えました。


| オルドス写真館::中国・オルドス訪問 |