メニュー
中国・オルドス訪問
毎年2~3回、中国を訪問し、現地交流や植林活動を行っています。その滞在レポートを写真を中心につづっています。

体験記『オルドスの風I』
代表・坂本が青年海外協力隊としてオルドスに滞在した3年間を赤裸々に綴った体験記。バンベンの緑化事業をはじめるにあたっての原体験です。(全40回)

ノリブの日本留学記
代表・坂本の日本語教師時代の教え子・ノリブスレンが2004年9月に日本にやってきました。日本でどんな経験を積んだのか、日記風に語ってもらいました。

◆オルドス的な人々
オルドスの素敵な人々を紹介します。

イチゴ日記
2007年夏、突然イチゴ作りを思いつきました。近所の農家の方々の支援を受けながら行った農作業の記録です。2008年からは人手不足のため栽培を中断しています。

◆出前講座・教室
代表・坂本が小学校や大学、幼稚園などを訪れて、国際交流や国際理解、植林活動について、出前講座を開催しています。

◆出張販売・イベント
バンベンの商品をイベント会場などで出張販売しています。

◆国内出張
国内での営業活動や旅行についてまとめています。

◆その他
懇親会や交流会、受賞や取材など、代表・坂本の活動についてまとめています。

新しい投稿
カテゴリー
過去の投稿
その他

2006,06,25, Sunday
6月20日から5日間、九州横断の旅06を行ないました。


九重の訪問先からは硫黄山がはっきり見える。


おなじみの由布岳。


3件目の訪問先はカルガモ農法で頑張っていた。


夜は別府。初めて食べた城下カレイ。うまい。

| オルドス写真館::国内出張 |



2006,06,19, Monday
いよいよ研究会の日になりました。私は手伝うという形で研究会に参加することになりました。その日わたしは早めに学校に行き、いろいろ研究会の準備を手伝いました。高知大学、鳴門教育大学、広島大学などの先生と学生たちが集まり、そろそろ会議の時間になりました。会議の直前に、先生は僕を連れて、広大の先生を紹介してもらいましたが、広大の先生と一言も話せないまま研究会が始まりました。

研究会に僕はビデオを撮りながら、各大学の先生たちの発表を聞きました。いよいよ広大の先生の番になり、イギリスの教員養成に関する調査を発表し始めた。先生の発表が

英語ばかりで、難しかったです。「僕の英語の勉強がまだまだ!」だと思いました。

研究会が終わり、夜の飲み会の時間になりました。僕はあの広大の先生と話すチャンスを探していたが、人数が多くて、なかなかチャンスがないまま飲み会が終わってしまいました。

次の日も午前だけが研究会がありました。十二時ごろに閉幕し、各大学の先生と学生たちは帰る道を迎えました。でも会議の終わったころ、僕にとっていいチャンスがありました。それは広大の先生と学生たちにうどん屋を案内することです。

研究会のところからうどん屋まで歩いたら、五分ぐらいの距離があります。短いけれど、あの先生と交流することができて、心の中にほっとしました。


| ノリブの日本留学記 |



2006,06,16, Friday
6月16日(金):モンゴル料理レストラン「チンギスハン」でヤングネットワークウイング九州2005、5組の集まりがありました。


18時。嵐の前の静けさ。まもなく宴が始まる。


バンベン商品も少しずつ売れている。




この日の客は55人。すし詰め状態のゲルの中、「マナイディレレ」で一体化。
いろんな人と仲良くなり記念写真。いつもより数倍盛り上がった。
けっこう飲んだ。しかし終電にはギリギリ間に合った。








| オルドス写真館::写真その他 |