メニュー
中国・オルドス訪問
毎年2~3回、中国を訪問し、現地交流や植林活動を行っています。その滞在レポートを写真を中心につづっています。

体験記『オルドスの風I』
代表・坂本が青年海外協力隊としてオルドスに滞在した3年間を赤裸々に綴った体験記。バンベンの緑化事業をはじめるにあたっての原体験です。(全40回)

ノリブの日本留学記
代表・坂本の日本語教師時代の教え子・ノリブスレンが2004年9月に日本にやってきました。日本でどんな経験を積んだのか、日記風に語ってもらいました。

◆オルドス的な人々
オルドスの素敵な人々を紹介します。

イチゴ日記
2007年夏、突然イチゴ作りを思いつきました。近所の農家の方々の支援を受けながら行った農作業の記録です。2008年からは人手不足のため栽培を中断しています。

◆出前講座・教室
代表・坂本が小学校や大学、幼稚園などを訪れて、国際交流や国際理解、植林活動について、出前講座を開催しています。

◆出張販売・イベント
バンベンの商品をイベント会場などで出張販売しています。

◆国内出張
国内での営業活動や旅行についてまとめています。

◆その他
懇親会や交流会、受賞や取材など、代表・坂本の活動についてまとめています。

新しい投稿
カテゴリー
過去の投稿
その他

 
2006,08,31, Thursday
8月31日:東京でオルドス・黄河流域調査団報告会を行ないました。


映像を見ながら語り合う。


東京の夜景を見ながら語り合う。

| オルドス写真館::国内出張 |



2006,08,28, Monday
2006年8月から、私は修士論文の仮説を検証するために久しぶりに故郷オルドスへ向かった。北京の空港で乗り換える必要があり、元々19:15の便は空港の都合に合わせ、結局出発する時間が23:15になってしまった。


故郷オルドスは大きな変化があった。鉄道西の農業地に一面の住宅地がでた。オルドス市の市役所も他のところに移し、すぐ前に「チンギスハン広場」ができていた。古いオルドス市との間に「快速通道」という高速道路でつながっていた。町並みで車は多くなり、物価もちょっと上がったみたいだった。


8月26日に、指導教官野崎先生、窪田先生、田中後輩たちは、オルドス市モンゴル族高校を訪問するとともに私の授業実践を観察することになった。私は感激いっぱいだった。


授業実践で一番多かった生徒たちのコメントは「先生は私たちの意見などを大事にしている。」というものだった。そこで、私は両国の体育科教育の違いと自分自身もちょっと変化があったかなあと思った。

 

 

 


| ノリブの日本留学記 |



2006,08,14, Monday
8月7日から1週間、「オルドス・黄河流域環境調査団」の一員として視察を行ないました。

◆1日目

成田、北京と乗り継ぎようやく内モンゴルの首府フフホトへ。


この31人乗りバスで1週間移動する。


夜は内モンゴルの環境関係の要人と会食。


本場の羊のロブは美味かった。


◆2日目

フフホト、パオトウ間の風景、とうもろこし畑、奥に見えるは岩肌陰山山脈。


パオトウから黄河をわたるとそこはもうオルドス。


ダラト旗にあるアジア一(だった)火力発電所。
規模とモクモクさに圧倒される。


この日の目的地「響砂湾」
川を挟んで果てしない砂漠。


川を挟んで反対側は黄土高原の浸食谷。


昼食のレストランで。窓際で細々と雑技をやっている少女たちが健気で、哀愁を感じる。


対岸の砂漠へはケーブルカーで移動。


やる気満々。


まずは集合写真。


砂紋が美しい。


砂漠歩き。こんな傾斜、しかも足が砂に埋もれてしまう。いい汗をかいた。


果てしない砂漠、ラクダの小隊が見える。(観光客)


草そりならぬ、砂そりで砂丘を一気に駆け下りた。


乗馬も堪能。
歩いたり駆けたり自由にやらせてくれたし、馬も大人しかったので、爽快な1時間だった。


スイカを買って大喜び。1個1元(15円)
オルドスのスイカは甘くて美味しい。


ホテルでは夜遅くまで話し合いが続く。


◆3日目

土壌のサンプリング。

パオトウから西は専らヒマワリ畑。
アルカリに強いらしい。


アルカリ土壌。


アルカリに強い植物。かじったら、しょっぱかった。


近くの農村。


大地と共に生きる農民。


農家でスイカをご馳走になった。


昼食はサービスエリアで。レストランは閉まっていたのでカップラーメンとソーセージ。


オルドスに入るといきなり砂漠。草方格で道路を守る。


◆4日目

烏海の周辺は小規模の炭鉱が続く。


オルドスの草原に咲き誇る砂葱の花。
これはビジネスに使えるかも。


草原を開墾してとうもろこし栽培。             
防風林は欠かせない。 


僕の植隣地ウランダワ砂漠。かなり緑が増えていた。


植えた木が風を防ぎそこに草が生えている。


ここでも土壌の調査は続く。


1年半ぶりにノリブと再会。


砂漠で記念撮影。


夜は牧民(ムーミン)とオルドス式宴会。


外でも弾けた。


ムーミンの演奏に踊る日本のメンバー。


締めは羊の丸煮、この日は羊頭は黒かった。


◆5日目

岩山にへばりつく大量の砂。西の砂漠から飛んできたものか。




黄河の岸まで降りて、初めて黄河の水に触った。透明度0.5センチというところか。
工場からの汚水も凄まじい。


ここで泳ごうとする子供。


オルドスの南を横断する万里の長城。


長城に立つ。


長城からモウス砂漠を望む。


◆6日目

銀川のアルカリ土壌改良モデル地区。
脱硫石膏を施した水田。1年目からこんなに効果がある。


こちらは石膏を入れてないところ。一目瞭然。


土壌改良の効果について説明を聞く。


アルカリ土壌の採取。
岩のように硬く、スコップでもなかなか掘れない。


漢方でおなじみのクコの実。


銀川の運転手。迫力満点。

| オルドス写真館::中国・オルドス訪問 |