メニュー
中国・オルドス訪問
毎年2~3回、中国を訪問し、現地交流や植林活動を行っています。その滞在レポートを写真を中心につづっています。

体験記『オルドスの風I』
代表・坂本が青年海外協力隊としてオルドスに滞在した3年間を赤裸々に綴った体験記。バンベンの緑化事業をはじめるにあたっての原体験です。(全40回)

ノリブの日本留学記
代表・坂本の日本語教師時代の教え子・ノリブスレンが2004年9月に日本にやってきました。日本でどんな経験を積んだのか、日記風に語ってもらいました。

◆オルドス的な人々
オルドスの素敵な人々を紹介します。

イチゴ日記
2007年夏、突然イチゴ作りを思いつきました。近所の農家の方々の支援を受けながら行った農作業の記録です。2008年からは人手不足のため栽培を中断しています。

◆出前講座・教室
代表・坂本が小学校や大学、幼稚園などを訪れて、国際交流や国際理解、植林活動について、出前講座を開催しています。

◆出張販売・イベント
バンベンの商品をイベント会場などで出張販売しています。

◆国内出張
国内での営業活動や旅行についてまとめています。

◆その他
懇親会や交流会、受賞や取材など、代表・坂本の活動についてまとめています。

新しい投稿
カテゴリー
過去の投稿
その他

2006,10,23, Monday
10月18日~:オルドス他植林と視察の旅(残り))


銀川午前2時。男3人ビールが止まらない。


アラシャンの砂漠をバスで移動。何にもない。


バスはいつも満席とのこと。


出稼ぎのおばちゃん。パワー全快。圧倒されるF氏。


銀川のランチ。


北京ではJICA調整員W氏と上海蟹を食らう。


北京の日本食レストラン「雪江」のオーナーの章さん。バンベン商品を扱っていただいている。


日本酒・焼酎の種類が多い。


雪江で夢を語り合いました。左からバンベン、日本語関係のE氏、紳士服関係のO氏、
ミャオ刺繍関係のS夫妻、日中友好関係のほんおじさん


| オルドス写真館::中国・オルドス訪問 |



2006,10,23, Monday
10月18日~:オルドス他植林と視察の旅

◆19日

ビニールハウスでビーマンを栽培。


畑ではにんじんの収穫。


減農薬で収量アップ。
そして見事な大きさ・色艶・味。


比較実験。真ん中から左が減農薬農法を施したもの。一目瞭然。


農道のポプラ並木。時どきトラクターが作物満載で通過する。


バ盟の落日。


夕日に映えるすすき。


◆20日

ラマ教の聖地「ウランスブテグ」


絶壁の横に煙突のように聳え立つ「人根岩」


近づけば近づくほど、


見れば見るほど・・・。


岩山に自生する植物。何か強い力を感じる。


岩山に沿って砂漠を南へ。


この絶壁の真ん中あたりに黒いシミのようなものが・・・。


よく見ると二瘤ラクダそっくり、しかも躍動感がある。


ジープは更に南の赤い岩山に入っていく。


谷沿いにジープを走らせる。まさにインディージョーンズの世界。




いくつもの支流に分かれていて迷路のよう。


これは・・・。


何かに似ている。




一面に梭梭が生えている。この下に幻の「ツォンロン」が・・・。


野生化したラクダの群れ。労働から解放され悠々自適だ。


◆21日

パトカーで砂漠まで連行?


早速植林。地元の人と沙柳を植えていく。


沙柳は枝を挿し木することで増やすことができる。


砂からネズミが出てきて植林を応援?


大阪外大の学生も頑張って植え続けた。


そして昼食後は椅子に座ったまま器用に昼寝。


僕も老体に鞭打って?必死に穴を掘る。


休憩時は砂漠に座り込み地元のムーミン(牧民)と交流。


昼食は近くのムーミンの家で。風力と太陽光発電を備えている。


大きな釜で30人分のダーフイツァイを作っている。


みんなで黙々と食べた。


ビタミン・ミネラルたっぷりの沙盖(シャーガイ)を持つウラ(山)ガチャ長。


花棒(ファーバン)


楊柴(ヤンツァイ)。どちらも優れた牧草。


沙米(シャーミー)。砂を固定する。


烏柳(ウーリュウ)。昔は周辺一面に生い茂っていたそうだ。


平地はアルカリ化がすごいが耐塩性のある植物が自生している。


牧草の王様、沙打旺(シャダワン)


紅柳(ホンリュウ)でできた斧。


オルドス式宴会で労をねぎらう。


集合写真。風が強い中、みんなよく頑張りました。


◆22日

まずは石碑を前に記念写真。


砂漠ウオッチング開始。


バンベンオリジナル商品「漢方源」の原料、苦豆子も自生していた。
来年から苦豆子の栽培実験を行なう。


サージとナランファ書記


野生のサージは栄養満点。将来のバンベン商品候補。


砂漠でも平らなところはこんな感じ。芦草(ルーツァオ)が生い茂る。


アルカリ土壌を採取するS氏とT氏。


ハイリュウ(?柳)。来年、植林する予定。


砂漠で昼寝。心の洗濯。


まだまだ先は長い。


午後からナ書記の妹夫婦の新築祝いにゲスト参加。


おじいちゃんと孫。


昼過ぎに始まった白酒の宴、1回戦。相当飲まされた。


2回戦に備え、しばしの休息。


ムーミンの子供たちと。


酔っ払ったムーミンたちと。


白鳥が南へ飛んでいく。


日が沈み、2回戦開始。


白酒をムーミンに飲ませ、攻める日本チーム。


馬頭琴の名手を囲んで。


最後は庭でシャル・ウィ・ダンス。


| オルドス写真館::中国・オルドス訪問 |



2006,10,20, Friday
10月13日:農家回りと雲見


イチゴハウス。福岡が誇る「あまおう」を栽培している。


ダニとの戦いは続く。


ベランダから秋の夕暮れを撮る。


落日後、一瞬だけ雲がピンクに染まる。


美しくもあり、怪しげでもある。

| オルドス写真館::写真その他 |