メニュー
中国・オルドス訪問
毎年2~3回、中国を訪問し、現地交流や植林活動を行っています。その滞在レポートを写真を中心につづっています。

体験記『オルドスの風I』
代表・坂本が青年海外協力隊としてオルドスに滞在した3年間を赤裸々に綴った体験記。バンベンの緑化事業をはじめるにあたっての原体験です。(全40回)

ノリブの日本留学記
代表・坂本の日本語教師時代の教え子・ノリブスレンが2004年9月に日本にやってきました。日本でどんな経験を積んだのか、日記風に語ってもらいました。

◆オルドス的な人々
オルドスの素敵な人々を紹介します。

イチゴ日記
2007年夏、突然イチゴ作りを思いつきました。近所の農家の方々の支援を受けながら行った農作業の記録です。2008年からは人手不足のため栽培を中断しています。

◆出前講座・教室
代表・坂本が小学校や大学、幼稚園などを訪れて、国際交流や国際理解、植林活動について、出前講座を開催しています。

◆出張販売・イベント
バンベンの商品をイベント会場などで出張販売しています。

◆国内出張
国内での営業活動や旅行についてまとめています。

◆その他
懇親会や交流会、受賞や取材など、代表・坂本の活動についてまとめています。

新しい投稿
カテゴリー
過去の投稿
その他

 
2008,04,26, Saturday
4月の中国出張で入手したもの。その1

中国公営テレビCCTVの日本特集のDVD。4枚組。

| オルドス写真館::写真その他 |



2008,04,26, Saturday
4月12日~26日:中国出張(北京・オルドス・その他)

◆12、13日

北京空港第3ターミナルに降り立った。


ホテルは小学校に面していた。柳絮(りゅうじょ)の舞う中、元気一杯体育の授業が行われていた。






◆15日

4年ぶりに”母校”オルドスモンゴル族中学を訪れた。


今学期から復活した日本語の授業に参加。


一人ひとり日本語で自己紹介してもらう。みんな緊張気味。


僕のオルドスでの武勇伝を熱心に聞いてくれた。


時には笑いも起こる。


高校1年生。素朴さと人懐っこさは隊員時代の教え子と変わらない。


最後は「上を向いて歩こう」を披露してくれた。


この中から将来日本との懸け橋になってくれる人材がきっと生まれる。




そして夜は宴会。なつかしい面々と歌と白酒で盛り上がった。


◆16日:秦始皇帝の「直道」を求めて東勝付近の黄土高原を回りました。

丘の上に「直道博物館」が見えてきた。


辺りは典型的な黄土高原の風景が広がっている。


厳しい環境の中薄紫の花を咲かせている。


激しい侵食の後。


ここが直道だった?らしい。


30メートル幅の道が走っていた。


陝西省咸陽方面。


最近できた石碑。


以前の石碑。新旧石碑の内容が少々違っているようだが・・・。


水が流れていない川に架かる橋。


雨が降ったときだけ水が流れる。


イジンホロ旗のスチントウさんが勤務する圃場を見学。


青海省の「黄河ビール」。初めて飲む味。


イジンホロの「ホイツァイ」と酸っぱい漬物。


夜は東勝に戻り、植林に参加する隊員と羊の会。


羊料理の初歩「羊のしゃぶしゃぶ」


◆17日

このバスで東勝からオトク旗まで4時間弱の旅。


休憩場所で飲料を売る女性。寒さ・風・砂対策もバッチリ。




オトク旗に着いたら、早速歓迎の宴。次の日から本番ということで白酒は控えめにと言ってたのにけっこう飲まされた。


取材班は荷物が多い。


◆18日

昼はモンゴル書道関係者と宴会。白酒は極力控えた。


夜は日中メンバー40人が集まっての大宴会。




中国側に負けずに歌う日本チーム。




白酒合戦の様子をカメラが追う。


夜はおなじみビールトーク。


◆19日

10台のジープが集結。ウランダワ沙漠をめざす。


やる気満々。


まず石碑のところで記念撮影。




日中ペアを作って、楊柴(ヤンチャイ)を植える。




前日の雨で表面の砂も湿っているので砂が飛ばず作業しやすい。だんだんいきがあってきた。




近くに自生するヨウハオという草を採ってきて簡易草方格を作り、その中に植えていく。


乾柳が運ばれてきた。


これは深く掘らなければならない。地元の牧民に任せる。
圧倒的に早い。




乾柳は近くに自生するものの枝を切って、苗木として使う。とても効率がいい。




さっさと植えて、どんどん移動。この日だけで30ヘクタールの植林を完了。慣れてくると女性隊員もスコップを持って植える。


集会所での昼食。ホイツァイにかぶりつく。


午後もせっせと植え続ける。


ここの牧民たちはよく働く。


去年秋大量に植えられた沙柳はしっかり根付いていた。


3年前のポプラ。砂丘の上に植えたもの。風上は砂が飛ばされて根っこがむき出しになり、枯れているものもある。


風下では砂に埋もれて枯れているものもある。


こちらは風の通り道。何を植えても一筋縄ではいかない。


牧民が持っていた20年前の携帯電話。今でも使える。


植林終了。みんないい笑顔。


残った苗は牧民が翌日植える。砂の下に保存。



バンベン牧場では生まれたばかりの山羊が大人気。


子山羊にキスをせがまれるU氏。


白いほうがアルバスの山羊。茶色いのが遼寧の山羊。
どちらが収益を上げられるか。


まだ生まれて2カ月なのに凛々しい顔になってきた。


帰りはパトカーの先導でスイスイ進んだ。


モンゴル式食べ方を実践する隊員。




小さい杯での白酒攻撃は難なく迎え撃つ。


杯が大きくなっても頑張って飲む続ける。


M隊員、今回は潰れなかった。




そして歌合戦が始まる。




服務員も楽しそう。


最後に包局長から贈り物。彼の書いたモンゴル書道の本とハダと嗅ぎタバコ入れ。


大喜びの隊員たち。


この夜のビールトークも絶好調。


◆20日

植林の次の日は雨。高い活着率が期待できる。


スージガチャではすでに宴会に備え羊が茹でられていた。


ウラ元隊長の娘。3年ぶりの再会。右は05年夏。


遼寧山羊の親子。


柵から一斉に羊や山羊が出てくる。


ナランファさんをカメラが追いかける。羊と山羊はエキストラをこなす。


村の集会所。激しい宴会が控えている。神妙な表情。毛を刈られる前の羊の心境?


村の宴会はおかずが少ない。これだけのつまみで白酒を大量に飲まなければならない。


そして宴が始まる。村で大切に保存されている特大の銀碗。


時間をかけてゆっくり飲み干す。本当にきつい。


白酒(バイチュウ)シスターズ?酒がどんどん振舞われる。


取材班は歌を歌って白酒攻撃を巧みにかわす。
僕は四胡を弾きながら・・・。


村の長老と。


牧民の女たち。


最後に羊の丸煮。




感謝の舞いを披露する取材班。そして羊をいただく。


宴(戦い)が終わってお互いの健闘を称える。


老人と少年。


◆21日



朝、日本人教師M先生が日本語を教えているオトク旗モンゴル族職業学校を訪問。




とにかく生徒たちがかわいい。M先生は今年の7月まで。後任は決まっていない。
せっかくオトク旗に生まれた日本語熱を絶やさないようにできないだろうか。


2時間目と3時間目の間。国旗掲揚。


生徒は国旗のほうを向いているが、偉人達は別のほうを向いている。


みぞれの降る国道。石炭運搬車が横転していた。


棋パン井の工場地帯。空気が悪い。


烏海の町。山はもう雪景色。


夜はA隊員とゆっくりビール。


◆22日

烏海の西には黄河が流れている。そしてその奥にはウランプへ砂漠が迫っている。
 

長距離バスで移動。ここにも水が流れてない川。


高速道路の路肩がバス停?ここで降ろされる。


階段を下りて国道に出る。


黄河に架かる堤防。灌漑用水を引いている。


こんな田舎にもカトリック教会が・・・。


ここの工場と協力して環境設備作成に取り組んでいる。


◆23日



オルドス西北部、バラゴンの蒙古族学校を見学。


教科書やノートが机に山積み。


ひなたぼっこする老人たち。


東へ一直線の道。


突然、何十基もの大型風力発電機が現れた。


目的地のイホウス温泉。源泉の温度は42度。ちょっとぬるい。


年末にはリゾートホテルとマンションがオープンする予定。


これが工事現場。間に合うのだろうか。


今の施設は普通のバスタブに温泉を貯めて浸かるだけ。
硫黄泉で皮膚病を治しに来る人が多いから、使い捨てのビニールシートを敷いて入る。


◆24日

朝、葬式の一団と遭遇。中国では縁起がいいらしい。


ハンジン旗のラマ寺。ここは北京雍和宮の住職の故郷。




雍和宮の住職ドプタン大師がたまたま里帰りしていたので一緒に写真を撮ってもらった。
そして若手僧侶とも。


| オルドス写真館::中国・オルドス訪問 |



2008,04,02, Wednesday
4月2日:福岡のモンゴル料理レストラン「チンギスハン」で内モンゴルの客人をもてなしました。


外国に来ている気がしない、とリラックスして酒を飲む客人。


いきなりモンゴル相撲の服を着せられ、巨漢と腕相撲対戦をする羽目に。体格的に完全に不利かと思われたが・・・。


なんとあっという間に相手をひっくり返してしまった。
道路工事で鍛えた腕がものをいった。


相手は罰としてウオッカ3杯。


最後は仲良く記念写真。


西新午前2時。男たちのカラオケ。どこか物悲しい。


| オルドス写真館::写真その他 |