メニュー
中国・オルドス訪問
毎年2~3回、中国を訪問し、現地交流や植林活動を行っています。その滞在レポートを写真を中心につづっています。

体験記『オルドスの風I』
代表・坂本が青年海外協力隊としてオルドスに滞在した3年間を赤裸々に綴った体験記。バンベンの緑化事業をはじめるにあたっての原体験です。(全40回)

ノリブの日本留学記
代表・坂本の日本語教師時代の教え子・ノリブスレンが2004年9月に日本にやってきました。日本でどんな経験を積んだのか、日記風に語ってもらいました。

◆オルドス的な人々
オルドスの素敵な人々を紹介します。

イチゴ日記
2007年夏、突然イチゴ作りを思いつきました。近所の農家の方々の支援を受けながら行った農作業の記録です。2008年からは人手不足のため栽培を中断しています。

◆出前講座・教室
代表・坂本が小学校や大学、幼稚園などを訪れて、国際交流や国際理解、植林活動について、出前講座を開催しています。

◆出張販売・イベント
バンベンの商品をイベント会場などで出張販売しています。

◆国内出張
国内での営業活動や旅行についてまとめています。

◆その他
懇親会や交流会、受賞や取材など、代表・坂本の活動についてまとめています。

新しい投稿
カテゴリー
過去の投稿
その他

2005,04,21, Thursday
 その日友たち「私たちは夕方六時に着く。」と言うメールがあった。「モンゴル国の人初めてだなあ!私のモンゴル語が通じるか?どうか?」と心配した。また「僕もモンゴル人です。モンゴル語でもちろん通じるはずです」と自信があった。いよいよ六時になって私駅に迎えに行った。友たちと彼が来て待っていた。私は「タサンノ?(モンゴル語、意味はこんにちは)ノリブです。」とモンゴル語で挨拶すると彼も「タサンノ?ビムバです」と挨拶しながら僕と握手した。その時私の心に思わずにビムバさんは昔の親友みたい感じられ、とても喜んだ。原因は何かわからなかった。

  夜、私たち簡単なミルク茶、モンゴル料理、食べながら話した。最初はモンゴル国と内モンゴルの日常会話、習慣、などを比べて話した。でも私たちの話す言葉中に時々漢語の単語が入って来て、ビムバさんの言葉に英語とかロシア語の単語が入って来てお互いにわからなかった時もあった。ビムバさんは今カナダのある大学で院生として、妻が神戸大学の院生です。ビムバさんは「僕、日本語ぜんぜんわからない、バイトによろしく!」と言った。ビムバさんにモンゴルじんのやさしさ、朗らか、熱心な性格が溢れていた。 

  その夜わたしは「万里の長城が僕の草原の北に建てられた。」と夢を見た。

| ノリブの日本留学記 |