メニュー
中国・オルドス訪問
毎年2~3回、中国を訪問し、現地交流や植林活動を行っています。その滞在レポートを写真を中心につづっています。

体験記『オルドスの風I』
代表・坂本が青年海外協力隊としてオルドスに滞在した3年間を赤裸々に綴った体験記。バンベンの緑化事業をはじめるにあたっての原体験です。(全40回)

ノリブの日本留学記
代表・坂本の日本語教師時代の教え子・ノリブスレンが2004年9月に日本にやってきました。日本でどんな経験を積んだのか、日記風に語ってもらいました。

◆オルドス的な人々
オルドスの素敵な人々を紹介します。

イチゴ日記
2007年夏、突然イチゴ作りを思いつきました。近所の農家の方々の支援を受けながら行った農作業の記録です。2008年からは人手不足のため栽培を中断しています。

◆出前講座・教室
代表・坂本が小学校や大学、幼稚園などを訪れて、国際交流や国際理解、植林活動について、出前講座を開催しています。

◆出張販売・イベント
バンベンの商品をイベント会場などで出張販売しています。

◆国内出張
国内での営業活動や旅行についてまとめています。

◆その他
懇親会や交流会、受賞や取材など、代表・坂本の活動についてまとめています。

新しい投稿
カテゴリー
過去の投稿
その他

2005,07,01, Friday
平成17年7月1日

  日本に来る前に見た大橋と言えば故郷オルドス市と包頭市をつながう「黄河大
橋」である、高校のとき始めて渡って、本当にビックリした。あの大きさ、長さに。
先日は坂出の小学校に公開授業を見に行って、ついでに瀬戸内大橋を見るチャンスを
得た。海から海への橋、世界でも珍しい!見た瞬間に日本人の知恵の塊みたいに感じ
られた。
  地上にもともとは道がない、歩く人がいて自然にできるって、でも瀬戸内大橋は
ただ海を渡る人々のためにではないと思う。原因は橋のほかに船がある。瀬戸内大橋
は四国にスピード、発展、希望を与えた。
  外国に暮らすのが大変だ!人々の常に言う言葉だ。何が大変なの?お金、仕事、
勉強など大変?違う!一番大変なのは異文化への大橋、人々への大橋、心と心をつな
がう大橋であろう!


十字架の下で


橋と私


| ノリブの日本留学記 |